スコア マネジメント
2016-03-11

#23 アプローチのミスを繰り返さない即効修正法

23−1 アプローチはミスを重ねないことを第一に考える

 アプローチをきっちり寄せればパー! でも、グリーンを目の前にしているのに、そこからのアプローチで残念なミスが出れば、パーを拾うどころかボギーも危うくなってしまいます。さらにミスを重ねると……などとはもう考えたくもないですね。
 そこで、ミスを重ねることを避けるマネジメントのススメ、です。何度も同じミスを重ねないようにすること。そうした「学習能力」はスコアをよくしていく大きな力となるはずです。

 大切なことは、一度ミスが出たら、その原因を把握し、次に出ないような処置を施すこと、と考えてください。

23-2 ミスの原因を知るため、フィニッシュをキープ

 ミスをしたということは、どこかにミスの原因が表れているはずです。もちろん、打球もそのヒント。ダフったのかトップしたのか、右へ飛んだのか左なのか。これは一目瞭然でしょう。

 ただし、同じダフリでも原因は様々です。原因の追求が間違っていれば、「即効修正法」も当てはまりません。
 そこで、打ったあとのフィニッシュで静止し、そのカタチをチェックする。身体の動き、身体の動きとクラブの動きのバランス、ヘッドの位置、フェースの向きなどをチェックし、理想との違いを確かめ、修正してください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3