スイング マネジメント
2016-03-15

STEP UP.2 角度の改善① 振り遅れは存在しない! フェイスの戻し遅れが振り遅れになる

静止しているボールを打つのに、振り遅れはない

手の操作を使わずに作ったトップオブスイングならば、そこから下半身の動きだけで理想的なインパクトが作れる

 「振り遅れ」。スライスの原因、飛ばない原因としてしばしば指摘されるエラー動作の1つです。が、なぜ、静止しているボールを打つのに、遅れる、という事態に陥るのでしょう。
 それは、腕を速く振ろうとすることで、手が早く動き、結果的にヘッドを遅れた状態にしているからです。現象としては、インパクトでフェイスがスクエアに戻るのが遅れてしまうという形で表れます。

 トップオブスイングを作り、そこから下半身を動かし、クラブがどう戻るかを確かめてください。下半身の動きは、左膝を伸ばしてお尻(骨盤)を回すだけ。トップではアドレスから時計回りに45度程度回転しているものですが、そこから今度は半時計回りに90度程度回転させればいいでしょう。
 腕を使わずにトップオブスイングが作れていたならば、この下半身の動きだけでクラブはインパクトに戻ってきます。フェイスの角度もしっかりアドレスの向きに戻ってきます。つまり、フェイスの動きとして必要とされる「ターン」に関しても、手先の操作は必要なく、下半身の動きだけで作られるということです。

 下半身の動きだけでそうならない場合は、バックスイングの動きを見直してください。どこかできっと手を使ってクラブを「上げる」動きが介入していたはずです。手を使ってクラブを上げてしまうと、下ろすときにも手の操作が必要となります。そして、複雑でタイミングのむずかしい「手でフェイスをスクエアにする」という操作も必要となってしまうのです。


次の記事:STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる

中井学のGOLE Studies 記事一覧

PROLOGUE 飛距離アップには何が必要か 基本の考え方を学ぼう
STEP UP.1 スピードを高める① 腕は振るな 遠心力を最大に利用しよう
STEP UP.1 スピードを高める② お尻を早く回転すれば ヘッドスピードがあがる!
STEP UP.1 スピードを高める③ 正しい角度で ヒップターンしよう
■STEP UP.2 角度の改善① 振り遅れは存在しない! フェイスの戻し遅れが振り遅れになる
STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる
STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!
STEP UP.2 角度の改善④ インパクトで重要な右ヒジの角度
STEP UP.2 角度の改善⑤ ヘッドは自分で戻さない! リリース不要論!
STEP UP.3 重さを活かす① 強く握らない!腕とクラブの 重さを活かして飛距離を伸ばす
STEP UP.3 重さを活かす② 下半身から動くことで すべてが仕上がる!
EPILOGUE ドライバー「学」の結論! 腕は使うのではく、使われるスイング!

中井学(なかい・がく)

1972年生まれ。アメリカ留学中にシトラスコミュニティ・カレッジのゴルフ部で活躍。日本で学んだ理論にアメリカでの経験を活かし、独自の理論を確立。プロ・アマチュア問わず多くのゴルファーの指導にあたる。その合理的かつわかりやすい理論で著書も多数。2015年9月には、43歳でプロ試験に合格した。

  1. 1
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.23
[特集vol.19]