スイング マネジメント
2016-03-15

STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる

フェイス角度のコントロールは、腕で操作しない

前傾をほどき、ヘッドを目の高さにセットしたところからバックスイングする。クラブを水平に振るイメージで。そのまま前傾すると、クラブを水平に振っただけなのに、理想的なトップの形になる。この理屈を理解することが大切

 最適化すべき第2の要素「角度」。そのうちの1つである「インパクトでのフェイス角度」のコントロールについては、腕で操作する必要はないということ。その点についてもう少し補足しておきましょう。

 「クラブは上げて下ろす」というイメージがあると思いますが、それが「手を使わなければならない」「腕を使わなければならない」という誤解につながっているのだと思います。

 前傾をほどき、目の高さにボールがあると仮定して、クラブを振ります。
 カラダを捻転させ、クラブを水平にバックスイング方向に動かしてみましょう。手の上げ下ろしがないことがわかると思います。クラブヘッドも水平に動くだけで、やはり上下の動きはありません。

 直立して、体とクラブをバックスイング方向に回した状態から、上半身を前傾させます。そうすると、なんの問題もなく、正しいトップオブスイングの形になるのはおわかりでしょうか。

 よろしいですか。手の上げ下げはしていません。手でクラブヘッドを上げたり下ろしたりもしていません。それでも、クラブはトップの位置まで動いているのです。

 つまりは、クラブが上下に動くのは、前傾角度が作った「見かけの上下動」だったということを理解してください。理解することで、なおさら「腕を動かす必要はない」という点について、意識の奥深いところから納得していただければ幸いです。


次の記事:STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!

中井学のGOLE Studies 記事一覧

PROLOGUE 飛距離アップには何が必要か 基本の考え方を学ぼう
STEP UP.1 スピードを高める① 腕は振るな 遠心力を最大に利用しよう
STEP UP.1 スピードを高める② お尻を早く回転すれば ヘッドスピードがあがる!
STEP UP.1 スピードを高める③ 正しい角度で ヒップターンしよう
STEP UP.2 角度の改善① 振り遅れは存在しない! フェイスの戻し遅れが振り遅れになる
■STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる
STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!
STEP UP.2 角度の改善④ インパクトで重要な右ヒジの角度
STEP UP.2 角度の改善⑤ ヘッドは自分で戻さない! リリース不要論!
STEP UP.3 重さを活かす① 強く握らない!腕とクラブの 重さを活かして飛距離を伸ばす
STEP UP.3 重さを活かす② 下半身から動くことで すべてが仕上がる!
EPILOGUE ドライバー「学」の結論! 腕は使うのではく、使われるスイング!

中井学(なかい・がく)

1972年生まれ。アメリカ留学中にシトラスコミュニティ・カレッジのゴルフ部で活躍。日本で学んだ理論にアメリカでの経験を活かし、独自の理論を確立。プロ・アマチュア問わず多くのゴルファーの指導にあたる。その合理的かつわかりやすい理論で著書も多数。2015年9月には、43歳でプロ試験に合格した。

  1. 1
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.23
[特集vol.19]