スイング マネジメント
2016-03-15

STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!

クラブと腕を身体の正面に固定する

右手一本で打つ場合は右胸を開いて、右肩甲骨を背骨に近づける。腕は真上に近い位置まで上がってくる。この右腕のポジションに左を合わせようとするのは間違い

 クラブを上げ下げしないーー元より腕で意図的にクラブを操作する必要はないと言っているのですから当然なのですが、その点についてもう少し補足しておきましょう。

 大切なことは、クラブと腕を身体の正面に固定しておくこと。ただし、これを実行するには実は、「何もしない」がゆえに「何も考えなくてもいい」わけではなく、左右の腕の動きの違いを頭に入れておいたほうがいいのです。
 それを体感するために、左右それぞれの腕で「片手打ち」のドリルをしてみましょう。

 まず、右腕。右腕はゆるやかにたわんでいる状態を保ってクラブを振ります。
 バックスイングをすると右胸が張り、肩甲骨が背骨方向にズレてきます。つまり、両腕でもって振っている時と同じように動かすことが大切です。
 こうしてトップをつくったら、下半身の動きだけでダウンスイングしてクラブを戻します。

 左腕だけで振る場合は、安定感を高めるため、通常より強めにグリップし、肘を伸ばしたままバックスイングします。
 そうすると、トップは肩の高さ以上に上がることはほぼありません。しかし、その位置のトップからならば、下半身の動きでインパクトにクラブは戻ってきます。

 双方のトップの位置を比べてみましょう。右腕は時計の文字盤で言えば、12時に近い位置まで上がるのに対し、左腕はせいぜい9時まで。これだけの違いがあるのです。
 では、両手でクラブをもつ時はどうすればいいのか。
 右腕の上がり方に左腕を合わせてしまうと、ダウンスイングで振り遅れが生じます。
 正解は、左腕のポジションに右腕を添える。こうすれば、クラブと腕は身体の正面に保たれ、目指すスイングに近づけます。

左手一本で打つ場合は、腕を上げようとせず、カラダの回転で上げる。左腕は肩より高くは上がらない。この左腕のポジションに右手を添えるのが正しいトップ


次の記事:STEP UP.2 角度の改善④ インパクトで重要な右ヒジの角度

中井学のGOLE Studies 記事一覧

PROLOGUE 飛距離アップには何が必要か 基本の考え方を学ぼう
STEP UP.1 スピードを高める① 腕は振るな 遠心力を最大に利用しよう
STEP UP.1 スピードを高める② お尻を早く回転すれば ヘッドスピードがあがる!
STEP UP.1 スピードを高める③ 正しい角度で ヒップターンしよう
STEP UP.2 角度の改善① 振り遅れは存在しない! フェイスの戻し遅れが振り遅れになる
STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる
■STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!
STEP UP.2 角度の改善④ インパクトで重要な右ヒジの角度
STEP UP.2 角度の改善⑤ ヘッドは自分で戻さない! リリース不要論!
STEP UP.3 重さを活かす① 強く握らない!腕とクラブの 重さを活かして飛距離を伸ばす
STEP UP.3 重さを活かす② 下半身から動くことで すべてが仕上がる!
EPILOGUE ドライバー「学」の結論! 腕は使うのではく、使われるスイング!

中井学(なかい・がく)

1972年生まれ。アメリカ留学中にシトラスコミュニティ・カレッジのゴルフ部で活躍。日本で学んだ理論にアメリカでの経験を活かし、独自の理論を確立。プロ・アマチュア問わず多くのゴルファーの指導にあたる。その合理的かつわかりやすい理論で著書も多数。2015年9月には、43歳でプロ試験に合格した。

  1. 1
関連記事一覧
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.23
[特集vol.19]