スイング マネジメント
2016-03-15

EPILOGUE ドライバー「学」の結論! 腕は使うのではく、使われるスイング!

誤解をなくし、最適化して飛距離UPを目指そう

 飛距離アップを目指すなら(実は、方向性アップも同時に実現できるのですが)、①スピード、②角度、③重さという3要素についての誤解をなくし、最適化して行くことについて説明してきました。
 これらの要素をマスターしていけば、身体の正面に腕とクラブが保持されるようになり、早く振っているつもりはないのに速く振れ、その上初速が上がり、飛距離が伸びるという結果が得られるでしょう。

 腕は「振るもの、使うもの」ではなく、カラダの動きによって「振られるもの」。それが効率よく飛ばすためのスイングの真実=私の結論です。
 ぜひこの私の結論をご理解いただき、3要素の改善に取り組み、飛距離アップを実現していっていただければ、と思います。がんばってください!

中井学のGOLE Studies 記事一覧

PROLOGUE 飛距離アップには何が必要か 基本の考え方を学ぼう
STEP UP.1 スピードを高める① 腕は振るな 遠心力を最大に利用しよう
STEP UP.1 スピードを高める② お尻を早く回転すれば ヘッドスピードがあがる!
STEP UP.1 スピードを高める③ 正しい角度で ヒップターンしよう
STEP UP.2 角度の改善① 振り遅れは存在しない! フェイスの戻し遅れが振り遅れになる
STEP UP.2 角度の改善② 手は上げない。 前傾姿勢で正しいトップができる
STEP UP.2 角度の改善③ 身体の正面で捉えるには 片手打ちドリルが有効!
STEP UP.2 角度の改善④ インパクトで重要な右ヒジの角度
STEP UP.2 角度の改善⑤ ヘッドは自分で戻さない! リリース不要論!
STEP UP.3 重さを活かす① 強く握らない!腕とクラブの 重さを活かして飛距離を伸ばす
STEP UP.3 重さを活かす② 下半身から動くことで すべてが仕上がる!
■EPILOGUE ドライバー「学」の結論! 腕は使うのではく、使われるスイング!

中井学(なかい・がく)

1972年生まれ。アメリカ留学中にシトラスコミュニティ・カレッジのゴルフ部で活躍。日本で学んだ理論にアメリカでの経験を活かし、独自の理論を確立。プロ・アマチュア問わず多くのゴルファーの指導にあたる。その合理的かつわかりやすい理論で著書も多数。2015年9月には、43歳でプロ試験に合格した。

  1. 1