キングフィールズコース

重点攻略ホール

6H
若干右ドッグレッグのロングホール。グリーン手前にクリークが横切っている。ティショットは、センターから左サイドを狙って打っていきたい。
13H
セカンドから打ち上げのミドルホール。難易度も高く要注意ホール。ティショットは、右サイドのバンカーに入ってしまうと大きなトラブルになりスコアを崩してしまうので避ける。
17H
豪快な打ち下ろしのロングホール。キングフィールズの名物ホール。ティショットは260ヤードある奥のバンカーの間を狙っていく。

OUTコース レイアウト

1H

【IQ POINT 】

①打ち下ろしホール2本杉を目印に
②奥と手前でワンクラブ違ってくるので距離の判断を

左ドッグレッグ打ち下ろしのミドルホール。ティショットは、260ヤード地点に見える大きな2本杉を目印に木の左サイドを狙って打っていく。
パー 4
目標スコア 4
ヤード数(White) 376

2H

【IQ POINT 】

①ティショットは左のバンカーを避ける
②180ヤードぐらいを目安に刻むショットを
③グリーン右サイドの尾根を避け左サイドから

やや距離のあるロングホール。左サイドはグリーンまでOBが続く。ティショットは、左サイドのバンカーを避け左サイドの木の右を狙って打っていくこと。
パー 5
目標スコア 5
ヤード数(White) 498

3H

【IQ POINT 】

①ピンの位置がどこにあってもグリーン右から狙いたい

距離のあるショートホール。グリーン周りにバンカー数多く配置されていて、視覚的プレッシャーが高いショートホールになっている。
パー 3
目標スコア 3.5
ヤード数(White) 173

4H

【IQ POINT 】

①右サイドのクロスバンカー方向狙いで
②グリーン右サイドはグリーン面が見えないので距離感が合わせづらい

比較的距離のあるミドルホール。左右に配置されたフェアウェイバンカーが見た目を狭くさせている。
パー 4
目標スコア 5
ヤード数(White) 370

5H

【IQ POINT 】

①グリーンの傾斜を考えると右サイドから狙うのがベスト

打ち下ろしのショートホール。風の影響を受けやすい。グリーンは、左サイド奥から右サイド手前に下り傾斜している
パー 3
目標スコア 3
ヤード数(White) 136

6H

【IQ POINT 】

①センターから若干左サイドがベストルート
②クリーク越えかクリーク手前かの判断をはっきりと
③グリーン右サイドのクリークに注意

若干右ドッグレッグのロングホール。グリーン手前にクリークが横切っている。ティショットは、センターから左サイドを狙って打っていきたい。
パー 5
目標スコア 6.0
ヤード数(White) 513

7H

【IQ POINT 】

①バンカーを避け左サイド狙いで
②左サイドのピンは大きめに打っていく

距離の短いミドルホール。右サイドにフェアウェイバンカーが3つ配置されティショットのプレッシャーを高めている。
パー 4
目標スコア 4.5
ヤード数(White) 338

8H

【IQ POINT 】

①左右のバンカーを気にせずフェアウェイへ
②縦長43ヤードあるグリーンのピンの位置によって番手が大きく変わる

3段グリーンが特徴的な比較的距離の短いミドルホール。ティショットは、左右のバンカーは距離的には十分超えることが可能なので、気にせずフェアウェイセンターに打っていきたい。
パー 4
目標スコア 4.5
ヤード数(White) 334

9H

【IQ POINT 】

①バンカー越えはあまり意味を持たないのでフェアウェイへ
②手前のバンカーに注意して大きめのクラブ選択を

フロントナイン最後のホールは、右ドッグレッグした打ち上げのミドルホール。右サイドのバンカー越えが200ヤードなので、バンカー越えショートカットを狙いたくなるが、越えてもピンの位置によっては、ピンが狙えなくなるので確実にフェアウェイセンターを狙っていく。
パー 4
目標スコア 4.5
ヤード数(White) 393

INコース レイアウト

10H

【IQ POINT 】

①十分バンカーを越えられるので思い切って攻めたい
②右サイドだけは絶対に避けたい
③奥と右サイドのマウンドを利用してグリーンセンターに止める

後半のスタートホールは、打ち下ろしの距離のあるロングホール。打ち下ろしているので、キャリーで210ヤード打つことができれば、左のフェアウェイバンカーの上を超えることができ、最短距離で攻めていける。
パー 5
目標スコア 5
ヤード数(White) 536

11H

【IQ POINT 】

①グリーン手前のバンカーの距離感に注意する

ロケーションが気持ちよいショートホール。グリーン手前の渚バンカーがティショットにプレッシャーを与える。
パー 3
目標スコア 3
ヤード数(White) 132

12H

【IQ POINT 】

①左バンカー越えを勇気を持って狙いたい
②グリーンまで登りになるので距離感方向性に注意する

やや左ドッグレッグのミドルホール。ティグラウンドのロケーション的に右サイドに行きやすいので方向性に注意してティショットしたい。
パー 4
目標スコア 4
ヤード数(White) 343

13H

【IQ POINT 】

①右バンカーを避け左バンカー先端狙いでティショット
②登りの距離感をしっかりジャッジして大きめの番手を選択

セカンドから打ち上げのミドルホール。難易度も高く要注意ホール。ティショットは、右サイドのバンカーに入ってしまうと大きなトラブルになりスコアを崩してしまうので避ける。
パー 4
目標スコア 5
ヤード数(White) 377

14H

【IQ POINT 】

①ティショットは左サイドカート道の右狙い、ピン位置が奥の時はしっかり上の段を狙っていく

やや左ドッグレッグのミドルホール。フェアウェイが広く伸び伸びティショットを打てる。ティショットの狙いは、カート道の右サイドフェアウェイ左サイドがベスト。
パー 4
目標スコア 4.5
ヤード数(White) 364

15H

【IQ POINT 】

①左サイドのバンカーは距離的には十分越えられる
②打ち下ろしで受けグリーンなのでボールを止めやすい

距離が短いミドルホール。距離は短いが、フェアウェイバンカーが左右にあるため視覚的プレッシャーが大きくかかってくる。
パー 4
目標スコア 4.5
ヤード数(White) 345

16H

【IQ POINT 】

①奥のバンカーを目印にするとターゲットを決めやすい

大きなグリーンが特徴のショートホール。大きいグリーンなので、オーバーすることはあまり考えないで良いので、奥のバンカーの右縁のラインで打っていきたい。
パー 3
目標スコア 3.5
ヤード数(White) 153

17H

【IQ POINT 】

①奥のバンカーの間狙いでティショットしていく
②左サイドならラフでもいいのでしっかりグリーン近くまで運びたい、グリーンセンターの尾根に注意して尾根越えのパットは残さない

豪快な打ち下ろしのロングホール。キングフィールズの名物ホール。ティショットは260ヤードある奥のバンカーの間を狙っていく。
パー 5
目標スコア 5.0
ヤード数(White) 500

18H

【IQ POINT 】

①右サイドを避け正面バンカー左サイド狙い
②右サイドは池の危険性が高いのでグリーン左のバンカー手前でも良い

池が絡む最終18番ミドルホール。池越えのルートもあるが、最終ホールでスコアを崩すのを避けるのであれば、右サイドの池を避け、ティグラウンド正面に見えるバンカーの左縁狙いでいくこと。
パー 4
目標スコア 5
ヤード数(White) 371

IQゴルフデータ

戦略的に設計された18ホール。トーナメントも開催されたチャンピオンシップコースを楽しんでプレーしたい。

18ホール全てワングリーンで設計されていて、グリーン周りには、数多くのバンカーが配置されている。
フェアウェイは、緩やかな起伏や、効果的に配置されたフェアウェイバンカー、池など18ホール全てが戦略的に作られている。
キークラブとなるのはドライバー。ただし、決して飛距離ではなく、方向性に重きを置いて攻略していきたい
設 計 者
ベンツ&ポーレット(改造設計:大久保 昌)
総ヤード数
ホワイト:6252y(取材当日データ) ブルー:6668yd
キークラブ
ドライバー
目標スコア
アウト=40 イン=39.5 TOTAL79.5
重点ホール
6H、13H、17H
OUT 1 2 3 4 5 6◯ 7 8 9 合計
Par 4 5 3 4 3 5 4 4 4 36
目標 4 5 3.5 5 3 6 4.5 4.5 4.5 40
White 376 498 173 370 136 513 338 334 393 3131
IN 10 11 12 13◯ 14 15 16 17◯ 18 合計
Par 5 3 4 4 4 4 3 5 4 36
目標 5 3 4 5 4.5 4.5 3.5 5 5 39.5
White 536 132 343 377 364 345 153 500 371 3121
※ヤードは取材当日のデータ/重点攻略ホール :◯