クラブ マネジメント
2016-06-30

コースによってクラブの組み合わせを変える①【丘陵コース編】

状況に応じてセッティングするとプレーが楽になる

ここまではドライバーやアイアンなどの個々のクラブや14本の流れについてお話をしてきました。ここからはより実戦で重要となるクラブの組み合わせについてお話したいと思います。

 ゴルフというスポーツは毎回同じフィールドで戦うスポーツではありません。ラウンドするコースが変われば、レイアウトは全く違う物になりますし、芝の種類だって変わります。生涯同じシチュエーションでボールを打つ事がないと言っても良いぐらいでしょう。だからこそコースに応じて14本をどんなクラブで構成するかというのは、結果に大きく影響します。

 クラブはプレー前であれば、14本を自由に組み合わせることがルール上認められているわけですから、コースレイアウトや環境に応じて自分が攻めやすいクラブを使わない手はありません。環境に合わせたセッティングであれば、余計なテクニックや思考を使わずに済むのでプレーがシンプルになり、ミスを減らすことができるのです。ではコースのレイアウトによってどのようなクラブのセッティングが有効なのかを具体的にご説明していきたいと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.23
[特集vol.19]