クラブ マネジメント
2016-08-22

コースによってクラブの組み合わせを変える④【林間コース編】

打出し方向と落下地点をしっかり確認しよう

 今回も引き続き林間コースのクラブマネジメントを平川カントリークラブでご説明していきましょう。題材は、15番ホールのPAR5。左ドッグレッグのレイアウトで、ティショットの落としどころであるフェアウェイ右サイドに1本松が立っており、パワーのある人でも簡単には2オンを狙わせてもらえないホールです。

動画でチェック!
平川カントリークラブ15H

 まずはティショット。前回お話した通り、セカンドショットでどういった攻め方をするかによって落としどころを決めてから打っていきます。2オンを狙っていくなら、1本松の左サイドを狙い、ドッグレッグのコーナーを越えた先のフェアウェイをキープしたいところ。狙うべき落としどころの付近はドッグレッグのコーナー付近になり、フェアウェイが左側に傾いています。狙い目より少しでも左に飛んでしまうと、この傾斜によって左に跳ねてしまい、ラフに入ってしまいます。良いライで2オンを狙うためにも飛距離はもちろん高い精度が要求されますね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.23
[特集vol.19]