スコア マネジメント
2016-11-23

♯36むずかしいバンカー・やさしいバンカー

「入れてはいけないバンカー」を知る

プロや上級者が実戦経験の中から得てきた知識、それがスコアを変えていく。今回は「スコア・マネジメント」小ネタ特集バンカー編としては最後の回となる。

 全英オープンでよく見られるポットバンカー(井戸のように、サイズ的には小さいが、深さのあるバンカー。アゴはかべのように切り立っている)は、ピン方向へ打てない状況にもなりやすく、「避けるべき」と呼ぶに相応しいと言えます。

 受けグリーンの奥のバンカーは、下りの面に打つことになりますから、やはり避けたいところです。とくにライが左足下がりになると、さらにむずかしい状況に追い込まれます。

 また、砂の量が多いバンカー、フカフカの砂質のバンカーでは、距離を出すのがむずかしくなりますから、グリーンまで少し離れた位置にある場合など、やはり「避けたい」バンカーのひとつに入れていいでしょう。

 もちろん、アゴの高いフェアウェイバンカーに入れてしまえば、ボールの位置によってはグリーンを狙えなくなるケースも出てきます。

 そうしたバンカーはとくに得意というわけではないかぎり、「避けるべきバンカー」と考えてコースマネジメントをしたほうがいいでしょう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
ゴルフメモ
エビアンカップバナー
LPGA女子WOWOW
serizawa_iq_300
GREENONバナー
特集vol.22
[特集vol.19]